読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資の記録

投資に関わる情報の整理のブログ

短期トレードで思い知ったこと

<撤退のタイミング>

以下は即撤退が鉄板

・マイナスからの戻り

建玉追加してから伸びない

・違和感を感じたら許容損益範囲内でも即

収益機会は無限にある。結局、一個の銘柄で利益をほとんど出せずに撤退したとしても、次の収益銘柄を探せばよい。デイもしくは超短期で狙って外したのならばマイナスでなく撤退できたとしたらそれ自体でもうOK。

 

<利益の取り方>

利が乗るときは短期は即乗って大きく利益をとれる。逆に考えれば想定した利益の乗り方をしない、足踏みをするときは見込みがないと考えて即切りすればよい。そして次にエントリーしたほうが結局効率がいい。悩むような値動きを放置すれば値下りをした場合、含み損を抱えて身動きがとれなくなる。

 

<入りのタイミング>

・仕手、スキャ

鉄板は、初動の調整時。分足もしくは時間足の最初の調整。日足での判断はかなり危険で、ただのJCの可能性あるのでかなり注意。

出来高急騰かつ値上がり上位の条件満たすとなお確実。出来高急増を即監視して板の歩みを見ながらINするとなおいいと思う。

デイトレ、スイングトレ

上昇トレンドの押し目買いが最強

空売り

あらかじめ目標の値上がり率を決めておく。○日以内に○%値上がりした。

 

<利益の伸ばし方の理想のパターン>

・利が乗ったらまずは玉を追加して上値をうかがう

・利が乗った状態で、伸び悩んだら利食いしてタダ株だけ残して様子見

・タダ株を持てている状態で押し目に入ったらモメンタムよければ押し目買い。

・ピークアウト確認もしくは出来高が2度目の山をつけたら上昇中でもタダ株だけにしてさらに様子見、ピークとみたら撤退。

 

<入り方>

初動を狙いに行くときは即IN-OUTするために準備をしっかりしておくこと。

PC操作→パスワード入れ、枚数決め、注文決済ボタンを押すのみにしておく。

取引基準→撤退基準、利食い基準を決定して、リスク管理

条件→前日が5%upで引けたとか、なぜ入るのか?の根拠

 

<勢いの判断の仕方>

数日でスイングトレする場合は、当月足、日足、を確認してその銘柄のモメンタムを把握することできれば前日までに狙いをもって定めておくのがいい。